ハッピーセット

先日、美濃和紙の「ハッピーセット」を求めて岐阜へ行ってきました。

img_1909 img_1910
この「ハッピーセット」は日本古来の模様を伝統の友禅染の手法で和紙の上に各色毎に染め上げたものです。話によると、1995年頃から「花鳥」と「平安絵巻」の二つの図柄が各地のお客様の不思議な体験とその実績から、幸運をもたらし不幸を追い出す縁起の良い絵として、いつの間にか「ハッピーセット」と呼ばれるようになりました。

一般に「花鳥」の絵は「善のこと」を吹き出し、「平安絵巻」の方は「悪いこと」を吸い取ると言われ、「陽と陰」とか「火と水」とか「日、月、慈善」事象の根源のパワーを出していると体感された方々が多く、全国各地から海外のお客様までの問い合わせが増えているそうです。

絵巻だがらといって、特別に飾らなくても、包装したまま身近においておけば良いようです。
または財布、名刺入れ、お守りカード等々として使っているお客様もいるようです。

この「ハッピーセット」をサロンに飾り、いらしてくださるお客様に幸せのお守りとして考えております。

年末まで行事の多い季節ですので、お体に気をつけて、毎日楽しんでください。

引き続き、七五三、成人式、お出かけのお支度などどうぞお問い合わせお待ちしております。